貴金属の種類とケア

プラチナ(Platinum)

日本ではマリッジリング、エンゲージリングの約8割はプラチナリングが選ばれている一番人気の金属です。 金の産出量の30分の1という希少性もあり、ジュエリー素材として最高ランクに位置付けられる金属です。

店頭では「Pt900」などと「Pt+3桁の数字」で表記されています。
「Pt900」は純粋なプラチナが90%で残りの10%がパラジウムなどの合金であることを表しています。

「プラチナリング」と呼べるのは「Pt850」以上と定められ、一般的に結婚指輪として使用されるのは「Pt900」「Pt950」「Pt999(1000)」の3タイプ。数値が大きくなるほど硬度が下がり、柔らかいので傷が付きやすくなる傾向があります。

「プラチナ」は、変色や変質をしにくい特長があり、永く指にはめたまま生活していられるので結婚指輪に向いているほか、表面が酸化しづらいので金属アレルギーを起こしにくいという利点もあります。

普段の生活では、柔らかい乾いた布などで汗や汚れを軽く拭く程度でOK。
少し汚れが目立つようならば、中性洗剤を溶かしたぬるま湯につけておけば汚れが浮きますので、後は水で洗い流し拭き取るだけ。
長年はめていると細かな傷が付いて輝きが下がります。気になるならば、ショップで研磨などクリーニングに出せば、もとの輝きを取り戻せます。

ゴールド(GOLD)

日本では結婚指輪といえばプラチナですが、欧米ではゴールドが一番人気だといわれます。

ゴールドの純度は「K(カラット)」で表記され、純度100%の純金が「K24」です。純金は柔らかいため、指輪では純度75%にして硬度を高めた「K18」が一般的です。金アレルギーの方は、K18以上がおすすめです。

ゴールドのリングには、金色の「イエローゴールド」のほか、「ホワイトゴールド」「ピンクゴールド」の3種類があります。

ホワイトゴールド(WG)

「ホワイトゴールド」は、その見た目がプラチナと同じように見えるうえに価格はプラチナより安いので、結婚指輪としてプラチナに次いで人気のあるゴールドです。イエローゴールドにパラジウムや銀など白い金属を混ぜることで銀色の輝きを持たせます。プラチナと比べるとやや黄みがかった合金になるため、一般的にはさらに表面にロジウムという金属メッキを施します。

ピンクゴールド(PG)

「ピンクゴールド」は、金に銅と銀を混ぜてつくられます。可愛らしいピンク色の輝きを持っていて、日本人女性の肌色にも合うためホワイトゴールドに並ぶ人気です。カラーゴールドの中では一番硬度が高いのも特長です。

シルバー(Silver)

「シルバー」は加工しやすい金属で、複雑なデザインにも対応しやすいためファッショジュエリーでメジャーな金属です。低価格なため、指輪に予算を掛けたくないカップルがシルバーリングを結婚指輪として利用する場合があります。シルバーは変色しやすい金属なのでこまめに磨く必要があります。


ページのトップへ

Copyright© kirari Jewelry Shopping Mall All Rights reserved.